スマビジは危ない・稼げない?副業紹介サイトの評判や口コミを解説

スマビジは危ない・稼げない?副業紹介サイトの評判や口コミを解説

「お金の増やし方、すべて教えます」という広告を見たことがありますか?

この広告はスマビジというスマートフォンのLINEで利用できる、副業紹介サイトの広告です。

今回は「スマビジ」とは具体的にどういったサービスなのかや、口コミ・評判などを紹介していきます。

この手の副業紹介サイトには詐欺などを目的とした怪しいサイトが多いですが、中にはちゃんと稼げる情報もありますので見極める力をつけれる必要があります。

是非最後まで読んで頂き、スマビジだけでなく、多くの広告の信憑性を判断できるよう参考にしていただければ幸いです。

ちなみに「リスクがない上に、簡単に大金が稼げる」という副業は
ほとんど稼げないということが多いです。

【早期リタイア支援プロジェクトFIRE体験談】口コミ・評判は?怪しい詐欺とは無縁の優良案件でWebセミナーも◎ – 真相探求ズーーム! (zooom.jp)

オンライン収入NEXT(ネクスト)は詐欺?やってみたら怪しい口コミや評判はウソだった – 真相探求ズーーム! (zooom.jp)

スマビジの内容

「スマビジ」とは「スマートフォン」と「ビジネス」を組み合わせた造語です。

そのサービス内容は「お金の増やし方すべて教えます」と宣伝している副業紹介サイトとなっています。

「スマビジ」では3つの特徴を強みとしています。

  • 20歳以上であれば誰でもできる
  • 1日10分で簡単にどこでも副業ができる
  • 必要なのはスマートフォンだけ

これが本当であれば、こんなにありがたい副業紹介サイトはありません。

スキルや資格もいらず、簡単な作業で、必要なものはスマートフォンだけ、ここまで都合の良い内容だと怪しく感じてしまいます。

作業の開始方法もスマビジのアカウントへLINEの友達登録をするといった方法ですし、履歴書もいらないのですから、資格やスキルが必要ないというのも納得できます。

そこで問題となるのは、この記載されている内容が信用できるのかということです。

特定商取引法に基づく表記

スマビジのような不信な点のある企業を調べる場合、特定商取引法に基づいた会社表記を調べると良いです。

特定商取引法とは、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

特定商取引法ガイドより引用

スマジョブは特定商取引法において「業務提供誘引販売取引」に該当するため、代表者の氏名や会社の住所、事業内容など、企業情報の届け出が義務付けられています。

特定商取引法は、「業務提供誘引販売取引」を次のように規定しています。
物品の販売または役務の提供(そのあっせんを含む)の事業であって、業務提供利益が得られると相手方を誘引しその者と特定負担を伴う取引をするもの。

特定商取引法ガイドより引用

逆に言えば、この特定商取引法に基づく表記の届け出がされていなければ、法に反した怪しい企業であると判断できるのです。

そして、スマビジの特定商取引法に基づく表記の届け出は「株式会社Union Blue Japan」という会社名で届け出をしていました。

ちなみに、アフィリエイトでは特商法の記載は不要とされています。
しかしその場合、オプトインアフィリエイトの可能性があるのでどちらにしてもオススメできません。

とにかく他人のメディアを紹介、誘導するのが目的なので実際に仕事を紹介することはありません。

逆に言えば、何か問題があっても当方では一切の責任や対応をする気がありませんと言っているようなものです。

オプトインアフィリエイトとは?

オプトインアフィリエイトとは、メールマガジン登録をしてもらうことで報酬が発生する手法です。
ブログ・SNS・メルマガなどで広告主のメールマガジンを紹介して、登録されるとアフィリエイト報酬が発生する手法となっています。
具体的にはこのような収益の仕組みです。

収入の仕組み
①オプトイン専用のASPからアフィリエイトリンクを取得する。

②ブログ・SNS・メルマガなどで紹介する。

③無料登録(メルマガ登録)ページから登録される。

④無料登録されるとアフィリエイト報酬が発生する。

このように、無料登録をしてもらうだけで、報酬が発生するアフィリエイト手法となっています。
ASPや紹介する案件によって変わってきますが、1件登録してもらうだけで300円~1000ほどもらえることが多いです。

この特定商取引法に対応しないサービス、直接販売等をしない場合でも消費者に利害が発生する可能性があるなら企業の情報は記載すべきですし、
「会社名(代表者名)」、「電話番号」、「メールアドレス」、「所在地」などの情報や最低限問い合わせ先くらいなければ、何か問題があった時こちらから連絡を取る手段がありません。

故に特定商取引法を順守しているかどうかは、企業のホワイト性を判断する際、とても重要となってくるのです。

株式会社Union Blue Japan企業情報

では、特定商取引法に基づくスマビジの会社、株式会社Union Blue Japanの企業情報を見ていきましょう。

商号 / 名称株式会社Union Blue Japan
法人番号2010401142768
郵便番号〒1500044
所在地東京都渋谷区円山町20番7号シャッツクヴェレ道玄坂101

調べた結果、株式会社Union Blue Japanの情報は以上のことしかわかりませんでした。

表記はされているようですが、これでは事業内容が分からず、問い合わせ先の電話番号もわかりません。

グーグルマップのストレートビューで住所地を調べてみたのですが、この建物だけモザイク処理されており、会社の看板などを確認することができませんでした。

スマビジに登録してみると

企業情報や広告を調べてみても事業内容や具体的なサービスがよくわかりませんでした。

では、実際に登録し、どういった内容なのか試してみましょう。

まず、スマビジの友達登録ですが、スマビジの広告から登録情報へ飛ぶと、「富豪の館」というLINEアカウントへの登録を勧められます。

LINEアイコン

アカウント登録後、挨拶メッセージやオープンチャットへの案内が送られてきました。

どうやら、このオープンチャット内での副業紹介がこのサービスのメインのようです。

LINEのグループチャット上で様々なやり取りが行われるのですが、どうもBOT機能で送られてくる自動メッセージのようで、いまいち信用できません。

自動メッセージ以外も歓迎のトークで対応してもらえるのですが、どうもサクラを使っているように感じてしまいます。

チャットを続けていくと「ミリオンジョブ」というサイトを紹介されました。

広告に書いてある通り、AIを駆使した稼ぎ方というもので、10~150万円稼げるという内容だったのですが、

初期費用のかかる内容で嫌な予感がしたので、ブロックしました。

優良な企業を紹介してもらっていたのなら申し訳ないのですが、「初期費用○○円で月数十万の売上」という内容に不信感を擁いてしまいました。

スマビジの評判・口コミ

Twitterを頼りにスマビジ利用者の口コミや体験談を調べたのですが、残念ながら有力な情報を手に入れることはできませんでした。

ネット上で検索すると、「スマビジ 詐欺」や「ミリオンショップ 怪しい」などの検索が表示され、口コミや評判を見てもミリオンショップの商材購入に怒りを示すコメントが多く見受けられました。

ミリオンジョブ返金制度

体験談の中に「ミリオンジョブ」の返金制度について書かれているものがありました。

本商品には返金保証がございます。本商品の電子書籍を熟読し熟知して頂き、当社が本商品で推奨するウェブサイト内で収益審査を通過した後、収益が1円も発生しない場合には、返金保証の対象となり、以下に定める当社の審査が完了し次第、本商品の代金(マニュアル代)を返金いたします。

副業ジャパン引用

ちゃんとした返金制度やクーリングオフを設けているのかと思いましたが、内容を見ると「収益が1円も発生しない場合には」とあります。
つまり、1円でも収益が発生してしまえば赤字が発生する内容だとしても返金をしてもらう権利を失うということですよね。

これは、ちょっと納得できないです。

【まとめ】スマビジは怪しい詐欺サイトである

今回のスマビジについて簡単にまとめると

  • 特定商取引法における表記はあるが、事業内容や問い合わせ先が不明である。
  • 登録後に紹介されるサイトには、初期費用として金銭を要求される内容がある。
  • 初期費用を請求される場合、返金制度はあるが、いまいち信用できない。

ということになります。

はっきり言わしてもらうと、スマビジは詐欺サイトです。

特定商取引法における表記こそありますが、詳細な説明がない時点で怪しいですし、金銭を要求されるサイトを紹介されても、騙そうとしているとしか感じません。

決して登録しないよう注意し、既に登録してしまった場合は直ちにブロックしましょう。

この記事を書いた人

ズーーム調査員