スマキャン(SMA CAN)はDeFiを使って資産を増やす!?寺澤英明氏ってどんな人?

この記事では、DeFiについて調査した内容をお伝えしていきます。「そもそもDeFiって何?」「DeFiなんて聞いたことない」そんな方でも分かりやすい内容になっているのでぜひ最後まで読んでみてください。

そしてDeFiを活用して資産を増やすことが可能なネットビジネス「スマキャン(SMA CAN)」とそれに関連する人物である寺澤英明氏についても調査してみました!

DeFiは日本語で分散型金融と呼ばれている

defiのイメージ写真

まずはDeFiってそもそも何なのかから解説していきます。DeFiとは、中央管理者のいない「分散型金融」のことです。正式にはDecentralized Financeと言います。イーサリアムを利用するすべての人が使用できる金融商品の総称です。

中央管理者とは、銀行や証券会社のことを指しており私たちの資金を預ける場合は必ずこの中央管理者を通す必要があります。しかし、DeFiでは銀行や証券会社などの中央管理者を経由する必要なく利用者同士が自由にやり取りを行うことができるのです。

「自由にやりとりができるということは、セキュリティが弱いんじゃないか」「無法地帯なのではないか」そのように考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、中央管理者に代わってDeFiではブロックチェーンと呼ばれる仕組みを採用しています。

ブロックチェーンの3つの特徴

ブロックチェーンは、もともとビットコインを運用するために誕生した技術です。「分散型台帳技術」とも呼ばれ仮想通貨の取引記録などをインターネット上で管理するために利用されています。

誰がいつ誰にいくら送金したのかなどの取引記録は、一定期間ごとに分けられて1つのブロックに記録されるのです。ブロックチェーンは2008年に、「サトシ・ナカモト」によって開発されました。

しかし、現在はビットコインなどの仮想通貨だけではなく、金融やゲーム、アートなど様々なジャンルでも採用されています。次にブロックチェーンの特徴について見ていきましょう。

①ブロックチェーンには管理者がいない

ブロックチェーンには、銀行など管理を行なっている企業や人物が不在です。それに代わって不特定多数のブロックチェーンネットワーク参加者によって共同で管理を行なっています。

不特定多数の人物によって管理をする。つまり管理者を分散されている仕組みがブロックチェーン最大の特徴です。

②ブロックチェーンは不正操作が難しい

ブロックチェーンは、ハッキングなどデータの改ざんが難しいと言われています。その理由としては、先ほど紹介した「不特定多数の人物が管理をしている」ことが関係しています。

ブロックチェーンは、管理者が世界中にいることから何か1つデータを書き換えるとするとその世界中にあるすべてのデータを書き換える必要があります。もちろんこのような行為は現実的に不可能ですし、他の管理者によって不正行為が発見される可能性が非常に高いです。

ブロックチェーンの不特定多数の管理者が不正操作を防ぐことに役立っていると言えるでしょう。

③ブロックチェーンはシステムが止まらない

銀行などの金融機関では、まれにサーバーがダウンするなどしてシステムがストップ。一時的に利用できないことがあります。

しかしブロックチェーンは、世界中にいる管理者によって稼働を行なっています。そのため一部の管理者のパソコンがダウンしたとしてもブロックチェーンのシステムには影響がありません。

管理者を分散させる仕組みがここでも役に立っていると言えるでしょう。

DeFiを活用してできる3つのこと

仮想通貨の写真

次にDeFiでは具体的にどのようなことができるのかを紹介していきます。DeFiではさまざまなことができるのですが、その中から今回は3つを見ていきましょう。

①世界中への送金

まず最初にDeFiできることは、世界中への送金です。まるでメールを送るようにして簡単に指定したところへ送金することができます。数分後には支払いたい相手へ届くようになっているので、かなり便利だと言えるでしょう。

②担保ありの借り入れ

一般的に銀行からお金を借り入れる場合は、借り入れをする前に審査が行われます。審査が通れば借り入れを行うことができますよね。

しかし、DeFiの場合は審査不要です。その代わりに借りる側は、担保を提供することが必要です。仮に返済がされなかった場合は、貸した側は担保を自動的に受け取ることとなります。

一部では、NFTを担保として受け入れている場合もあるようなので確認するようにしましょう。

③担保なしの借り入れ

担保なしの借り入れは、フラッシュローンとも呼ばれ担保はもちろん個人情報を明かさずに借り入れを行うことができます。

フラッシュローンは、借り入れと返済を同一のトランザクション内で行う仕組みのことです。きちんと返済を行うことができれば、トランザクションが元に戻る仕組みです。

DeFiのメリット

電球の写真

次にDeFiのメリットについて解説していきます。

①DeFiは手数料が安い

DeFiの取引は全てブロックチェーン上で行われます。そのため、銀行などの金融機関に支払っていた送金手数料はかかりません。無駄な手数料を支払わなくて済むため投資でたくさんの利益を狙うことが可能です。

②誰でも簡単に審査なしで利用することができる

DeFiは金融機関を必要としないため、面倒な審査が必要ありません。このメリットを活かして、発展途上国などでは広く活用されています。

③インターネットがあればどこでも利用できる

DeFiは、インターネット環境が整っていればどこでも利用することができます。そして銀行のATMのように利用時間が決まっていないため、24時間いつでも取引を行うことができます。

DeFiのデメリット

パソコンの写真

もちろんDeFiにもデメリットがあります。こちらもしっかりと理解するようにしましょう。

①補償制度が整っていない

銀行の預金では、元本1,000万円とそれに対する利息を補償する「ペイオフ制度」があります。しかし、DeFiにはそのような補償制度が整っていません。2017年に改正資金決済法が施行され、仮想通貨取引所の運営が登録制に変更されました。

それにより、利用者の資産の分別管理が義務つけられました。しかし、補償制度はまだ用意されていないのが現状です。リスクもあるということを、よく理解しておきましょう。

②ガス代が高騰する可能性がある

DeFiのほとんどはイーサリアム上で取引が行われます。イーサリアムでの取引では、ガス代と呼ばれる手数料が発生します。DeFiでの取引が活発になればなるほど、このガス代が高騰する可能性がありますので注意が必要です。

③仮想通貨バブルが崩壊する可能性がある

仮想通貨などの金融バブルの崩壊がいつ、どこで発生するのかを事前に予想するのはかなり難しいです。仮想通貨の価格が上がるたびに、仮想通貨バブルではないかとネット上では言われています。

DeFiもこの問題とは無縁ではないので動向を注視していた方が良いかもしれません。

スマキャン(SMA CAN)もDeFiを使って利益を狙う

仮想通貨のイメージ写真

さて、前置きが長くなってしまいましたがDeFiを上手に活用して資産を増やすネットビジネスとして最も有名なのがスマキャン(SMA CAN)です。

スマキャンは、スマホ1台で誰でも簡単に40万円が狙える最新ネットビジネスのことです。これまでに500名以上が実践しており、ひと月平均42万円の利益を得ることができていると言われています。

スマキャン(SMA CAN)で毎月40万円を獲得するためのステップ

スマキャンで毎月40万円を獲得するために必要なステップは全部で3つ。

  1. スマキャンのWEB説明会に申し込みを行う
  2. 毎日LINEをチェックする
  3. WEBオーナー収入で毎月40万円の不労収入を目指す

上記の流れを踏むだけなので簡単ですよね。スマキャンに興味があるのであれば、まずはWEB説明会に参加する必要がありますので、まずは申し込みを行いましょう。

スマキャン(SMA CAN)のWEB説明会で学べること

パソコンの写真
  • その場で毎月40万円の不労収入の仕組みを構築する方法
  • オーナー不労収入で短期的な一撃収入と長期的な不労収入の2つを同時に手に入れる方法
  • オンライン上で話題になっている稼ぎ方について
  • 副業未経験者でも毎月安定した不労収入と自由な時間を手に入れるためのロードマップ
  • 世界最先端のテクノロジーについて
  • 早く参加すればすぐほど得をするある秘密
  • これから日本に訪れる深刻な不景気問題について
  • ライバルが少ないブルーオーシャン市場で不労収入の利益を独占する方法
  • 第3のインターネットバブルとは
  • 受け取った不労収入を利用して雪だるま式に増やしていく方法

スマキャンのWEB説明会では、上記の内容を学ぶことができるそうです。かなりボリュームが多く、有益な情報ばかりだと言えるでしょう。これだけでなく参加申し込みを行うと特典も受け取ることができます。

豪華特典①株、為替、仮想通貨の優良銘柄選定のコツ

本の写真

まず最初にもらえる豪華特典は、「株、為替、仮想通貨の優良銘柄選定のコツ」です。WEBオーナー収入は、デジタル資産の中でも仮想通貨に注目した稼ぎ方で知識も不要で稼ぐことが可能です。

今後「自分の力あけで稼ぎたい!」と思った時に必ず役に立つのではないでしょうか。この本を読んでみると、世界中にたくさんある銘柄の中からどのような点に注目して選べば良いのかが一目瞭然となります。

豪華特典②Amazonギフト券最大1万円分

Amazonギフト券の写真

スマキャンのWEB説明会に参加した人には、なんとAmazonギフト券最大1万円分が送られます。このWEB説明会は参加費が無料となっているようです。無料で参加できる上にAmazonギフト券1万円分がもらえるなんてかなりお得ですよね。

もし、あなたがスマキャンのWEB説明会に参加しようか迷っているくらいなら絶対参加した方が良いかもしれませんね。

スマキャン(SMA CAN)をやってみた人の口コミ

口コミの写真

実際にスマキャンをやってみた人の口コミをまとめてみました。ぜひこちらも参考にしてみてください。

スマキャン(SMA CAN)公式アンバサダー寺澤英明氏

寺澤氏の写真

スマキャン(SMA CAN)には、公式アンバサダー寺澤英明氏がいます。寺澤英明氏は、テクニカルアナリストの資格を持つ敏腕コンサルタント。

サラリーマン時代に外資系証券会社に勤めており、そこで培った広く深い業界治験とコネクションは業界ナンバーワンと呼ばれているのだとか。ビジネス界の重鎮とパートナー契約を結びながら活動を行なっている方です。

それだけではなく、自身でもオフラインでコミュニティを持ちこれまで400名以上の生徒に権利収入の道を提供しています。そんな寺澤英明氏が、スマキャン(SMA CAN)の公式アンバサダーを務めているわけですが、ビジネスの専門家としてスマキャン(SMA CAN)のことを「これほど安定した収入はない」と断言しているくらいおすすめだと語っていました。

【まとめ】スマキャン(SMA CAN)はDeFiをうまく使って利益を手にしたい人におすすめ

今回は、スマキャン(SMA CAN)とスマキャンが利用している仕組みであるDeFiについて紹介しました。初心者でも簡単に毎月40万円の収益を手にしたいと思っている方にはおすすめのネットビジネスです。

スマキャン(SMA CAN)は、簡単にできるため副業として挑戦してみるのもいいかもしれません。口コミや評判もかなり良いので興味がある方はぜひスマキャン(SMA CAN)の説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

スマキャン(SMA CAN)についてさらに知りたい場合はこちらの記事も参考にしてみてください。

この記事を書いた人

ズーーム調査員