ワードプレスおすすめ有料テーマ10選!メリットやデメリットも解説!

ワードプレスおすすめ有料テーマ10選!メリットやデメリットも解説!の画像

「ワードプレス始めたけど有料テーマを買うか迷っている」「有料と無料のメリットやデメリットは違う?」「どのような有料テーマがある?」

このように、ワードプレスにおすすめの有料テーマを探している人やメリットやデメリットについて知りたい人も少なくないでしょう。

今回は、ワードプレスにおすすめの有料テーマを10選紹介します。それぞれの特徴を確認し、ぜひとも有料テーマ選びの参考になれば幸いです。

無料テーマと有料テーマのそれぞれのメリットやデメリットとは

無料テーマと有料テーマのそれぞれのメリットやデメリットとはの画像

無料テーマと有料テーマのそれぞれのメリットやデメリットについて気になる方も多いでしょう。運営するサイト方針によってテーマを使い分けることもできますが、無料テーマと有料テーマのそれぞれのメリットやデメリットについて下表の通り解説します。

ぜひ、ご参考ください。

項目メリットデメリット
無料テーマ・無料で利用できるため、気軽にテーマをサイトに適応できる
・機能が充実しているものも多い
・予想外のエラーが起こることがある
・カスタマイズが難しい
・デザイン性が乏しい
・利用者が多いため差別化しにくい
・サポートが充実していない
有料テーマ・デザイン性が豊かで幅広い
・目的に合わせやすい
・カスタマイズしなくても十分利用可能
・サポートが充実している
・利用するのにお金がかかる
・購入前に機能確認ができないものが多い

無料テーマと有料テーマには、それぞれメリットとデメリットがあることが把握できたと思います。自身のサイト運営方針や目的に合わせて使い分けましょう。

次からは、ワードプレスにおすすめな有料テーマについて10選ご紹介していきます。

おすすめワードプレスの有料テーマ10選

おすすめワードプレスの有料テーマ10選の画像

それでは、以下よりおすすめの有料テーマについて詳細に解説していきます。

Snow Monkey

Snow Monkeyの画像
画像引用元:https://snow-monkey.2inc.org/
項目内容
テーマ名Snow Monkey(スノーモンキー)
価格スタンダード:16,500円(税込/年額課金)
プロ:55,000円(税込/年額課金)
向いている用途Web制作からブロガーまで幅広い用途に向いている
特徴コーディングなしで綺麗なサイトが作成できる

Snow Monkeyは、買い切り方ではなく、年額課金のサブスクリプション型です。ただし、解約後もダウンロードしたテーマは使用とバージョンアップは可能です。

Web制作者やブロガーなど幅広い層から支持されているテーマです。

ちなみに、本サイトもSnow Monkeyを利用しています。見た目のデザインもスッキリしており、美しいサイトが作成できます。

SANGO

画像引用元:https://saruwakakun.design/
項目内容
テーマ名SANGO(サンゴ)
価格11,000円(税込/買い切り)
向いている用途ブログ運営、サイト制作
特徴ポップなデザインで印象に残りやすい

個人ブログの運営に適したテーマで、ポップなデザインがサイトに優しい印象を与えます。デザインの他に、クリック率計測など、収益化に必要な機能も揃っています。

買い切りで、11,000円(税込)のため、比較的手を伸ばしやすいテーマでしょう。

JIN

画像引用元:https://jin-theme.com/
項目内容
テーマ名JIN(ジン)
価格14,800円(税込/買い切り)
向いている用途アフィリエイト目的の個人ブログ
特徴直感的に操作ができ収益化にも強い

JINは、有名アフィリエイターの「ひつじさん」が開発したテーマで、主に個人ブログでアフィリエイト目的のサイトに向いています。

SEO対策機能が充実しており、操作性も抜群です。会員限定フォーラムもあるため、不明点はすぐに解決できるでしょう。

THE THOR

THE THORの画像
画像引用元:https://fit-theme.com/the-thor/
項目内容
テーマ名THE THOR(ザ・トール)
価格テーマ・サポートプラン:14,800円(税込/買い切り)
サーバーセットプラン:27,400円(税込/買い切り)
向いている用途アフィリエイトサイトやブログ
特徴圧倒的にSEOに強い

THE THORは、圧倒的にSEOに強いと話題で、サイトの読み込み速度も速いです。

また、プラグインを導入しなくても初期設定で十分に利用できます。タグ管理機能というのを標準装備しており、アフィリエイト広告のタブなどを一括管理できるのも魅力の一つです。

DIVER

画像引用元:https://tan-taka.com/diver/
項目内容
テーマ名DIVER(ダイバー)
価格17,980円(税込/買い切り)
向いている用途Web制作、ブログ運営など幅広い用途に向いている
特徴豊富な機能と無制限のメールサポート

DIVERは、クリックだけでボタンやランキング作成ができます。また、製作にはこれまで多くの利用者の意見を反映しており、みんなで作り上げたテーマと言っても過言ではないでしょう。

常に進化を続けるテーマとして、多くの方から高い評価を得ています。

AFFINGER6

画像引用元:https://affinger.com/
項目内容
テーマ名AFFINGER6(アフィンガー)
価格14,800円(税込/買い切り)
向いている用途アフィリエイトサイトやブログ
特徴アフィリエイトサイトに多く利用されており、装飾などが楽にできる

AFFINGER6は、多機能なテーマとして人気を博しています。アフィリエイトサイトやブログ運営に特化しており、プラグインなしでも豊富な機能が利用できます。

アフィリエイトサイトやブログを始める方にとって、必要な機能を全て兼ね備えているのがAFFINGER6です。

SWELL

画像引用元:https://swell-theme.com/
項目内容
テーマ名SWELL(スウェル)
価格17,600円(税込/買い切り)
向いている用途アフィリエイトサイトやブログ
特徴デザインが美しく操作性が高い

SWELLの最大の魅力は、美しいデザインです。どのようなジャンルのサイト運営にも適していると言えます。

また、ワードプレスのブロックエディターとの相性も抜群で、操作性も非常に高いです。

賢威8

賢威8の画像
画像引用元:https://rider-store.jp/keni/
項目内容
テーマ名賢威8(けんい)
価格27,280(税込/買い切り)
向いている用途コーポレートサイト
特徴利用者数が27,000人を超えており、老舗の有料テーマ

賢威8は、コーポレートサイトに強く、情報が整理されたテンプレートが多数用意されています。テーマを適応するだけで美しく魅力的なサイトが簡単にでき上がります。

SEOに強く、販売から15年経つ今でもアップデートが行われている人気のテーマです。

THE SONIC

THE SONICの画像
画像引用元:https://the-sonic.jp/
項目内容
テーマ名THE SONIC(ザ・ソニック)
価格月額:980円(税別)
一括:7,800円(税別)
向いている用途アフィリエイトサイトやブログ
特徴100種類以上のデザインとアフィリエイト向けの機能が充実

記事の作成がしやすく、テーマ名のSONICに負けじと動作速度も速いです。

収益化機能も充実しており、サイト回遊率やページの高速化など、操作性や使用感が抜群のテーマです。

STORK19

STORK19の画像
画像引用元:https://open-cage.com/stork19/
項目内容
テーマ名STORK19(ストーク)
価格11,000円(税込/買い切り)
向いている用途アフィリエイトサイトやブログ
特徴ブロックエディターとの相性の良さやモバイルファーストへのこだわり

STORK19は、サイトの表示速度が速いのとモバイルファーストへの対応が徹底されている人気のテーマです。

「誰が使っても美しいデザイン」がコンセプトで洗練された魅力あるデザインが豊富に用意されています。直感的にカスタマイズができ、操作も簡単です。

まとめ:ワードプレスの有料テーマで他との差別化をしよう!

ここまで、ワードプレスの有料テーマと無料テーマのメリットやデメリット、おすすめの有料テーマなどについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

このページの要点は以下になります。

  • 無料テーマはお金をかけずに利用できるメリットがあるが、サポートが不十分でカスタマイズが難しいデメリットがある
  • 有料テーマはお金がかかるがサポート体制及びデザイン性に富んでおり、SEOにも強いテーマが多い
  • 有料テーマには、買い切り型とサブスクリプション型がある
  • 目的に合わせて有料テーマを利用する

ワードプレスの有料テーマは多く存在しますが、基本的にはどれも素晴らしい機能やデザインに仕上がっています。

有料テーマの機能やデザインをよく確認し、自身に最適なテーマを選定しましょう。有料テーマを利用することで、他との差別化も図れるので、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です